理想の顔になるために|小顔治療を受ける時のポイント【自分の悩みに合った方法を選ぶ】

理想の顔になるために

ウーマン

治療の方法や種類

顔が四角い、エラが張っている、など、顔の大きさに関するコンプレックスを抱えている人はたくさんいます。そのようなコンプレックスは、小顔整形にて解消しましょう。美容整形クリニックでは、本人の顔の特徴やなりたい小顔に合わせて、適切な整形方法を提案してくれます。一度の手術で、短時間で簡単にコンプレックスを解消出来るので、気になる人はカウンセリングを受けてみましょう。カウンセリングでは、現在の悩みや、費用の相談、それぞれの治療方法の効果などを説明してくれます。骨格の形や体質によっては希望の手術が受けられないこともありますので、しっかり診察をしてもらいましょう。また、どのような手術方法を選択したとしても、手術当日、また術後は安静にすることが大切です。術後は治療した部分の抵抗力が弱まっている状態ですので、むやみに触ったりしてしまうとばい菌が入り、感染症を起こしてしまう危険もあるからです。メイクやコンタクト禁止など、医師に指定されたことはしっかり守り、術後1週間は安静に過ごしましょう。そうすることで、より経過が順調になり綺麗な小顔になることが出来ます。患部が傷んだり赤くなったり、副作用が出た場合にはすぐに医師に相談し、自己判断はせず指示を仰ぎましょう。小顔整形の方法は様々ですが、よく用いられるのが、骨を直接削る外科手術、ボトックスを使ったエラ張り解消治療、フェイスリフトなどです。骨を直接削る方法では、麻酔をかけて、特殊な器具で骨を削り骨格そのものを変えます。ミリ単位で希望が叶えられることと、一度手術を行えば効果が永久に続くのがメリットです。費用は若干高く、術後のダウンタイムが長いので落ち着くまで時間がかかりますが、骨格そのものを変えてしまうので綺麗な希望通りの小顔になることが出来ます。ボトックスを使った治療では、ボトックスと呼ばれる成分を頬のエラに注入するという方法が取られます。頬のエラが、筋肉の異常発達が原因の場合に有効な方法で、ボトックスの筋肉弛緩の特性によって咬筋が弱まり、少しずつエラが消えて小顔になることが出来ます。痛みもなく費用も安いのがメリットですが、半年程度で効果が切れるため、定期的な通院が必要となります。フェイスリフトは、顔のたるみを引き上げて小顔にする方法です。糸を使った切らないフェイスリフトが人気で、小顔効果だけでなく、しわやたるみも解消出来るというメリットがあります。しっかりカウンセリングを受けて、自分に合った手術方法を選びましょう。

Copyright© 2018 小顔治療を受ける時のポイント【自分の悩みに合った方法を選ぶ】 All Rights Reserved.