イメージ通りに顔を小さく

カウンセリング

カウンセリングが大切

顔が大きいだけで太った印象に見えてしまいますが、美容整形施術を受けることで大きな顔も小さく変身させることが出来るでしょう。美容整形における小顔整形にはいくつか種類があります。注射器だけでエラ張りを改善することが出来るボトックス注射や骨を削って小さくする骨削り、カニューレを使用して脂肪を吸引していく脂肪吸引などがあります。ボトックス注射はメスを使用しない施術ですが、効果があるのは筋肉が原因による大顔です。骨や脂肪が原因で顔が大きく見えている場合は効果がないので注意する必要があります。骨削りはあごやエラなど出っ張っているところを削って小顔をつくる方法です。骨格自体を整えることで顔全体をすっきりと見せることが出来るでしょう。脂肪吸引は耳の後ろなど傷跡が目立たない部分を少し切開し、器具を挿入して脂肪を吸引していく方法です。太って顔が丸く見えてしまっている人など脂肪をしっかり取り除くことで小顔をつくることが出来るでしょう。この様に小顔整形の方法はいくつかあります。どの方法が合っているのかは大顔になっている原因によっても異なるのでまずはクリニックで相談をしてみましょう。そうすることで自分に一番合った施術の方法を見つけることが出来ます。小顔整形を受ける場合、どの施術でもまず最初にカウンセリングを受ける必要があります。このカウンセリングは理想のフェイスラインを手に入れる為にもとても大切な時間です。カウンセリングでは大顔の原因が何であるか、ベストな施術は何かなど状態を見ながら徹底的にドクターがチェックしていきます。それと共にどの程度小顔にしたいのかによって要望に合わせた最適な施術を検討していきます。その為、カウンセリングを受ける際はきちんと自分の要望を伝えることが大切です。きちんと要望が伝わらなければ、理想のフェイスラインが手に入らなくなってしまいます。せっかく施術を受けるのですから最適な施術を受ける為にも自分の理想を細かくドクターに伝えましょう。もし可能であればカウンセリングを受ける前に聞きたいことや不安に思うことをまとめておくと良いでしょう。その場になるとつい聞きたいことを忘れてしまうということもある為、事前に質問することをノートなどにまとめておくことをおすすめします。また、カウンセリングは直接ドクターと話が出来るチャンスです。信頼出来るドクターかどうかもこのカウンセリングの時間でしっかり見抜きましょう。ドクターにも色々な性格の人がいます。人間ですから合う合わないもあるので、ぜひ相性が合うかどうかも判断しましょう。

Copyright© 2018 小顔治療を受ける時のポイント【自分の悩みに合った方法を選ぶ】 All Rights Reserved.